長期熟成純米酒 古今

古今

古くて新しい日本酒

酒造好適米の頂点に君臨する兵庫県産『山田錦』を全量使用した純米原酒。
それを20年以上じっくり熟成させた木戸泉酒造の古酒の代表商品。
数種類の原酒を蔵元自らブレンドし、
味わいのバランスをはかり五感で楽しめる熟成酒です。

古今の命名者

古今の命名者は食に関しても造詣の深かった
昭和天皇の侍従長を務められた故入江相政氏。
古今にまだ名前が付いてない頃、この味に感銘し自ら命名、
そしてラベルの『古今』という文字も揮毫してくださった由緒あるお酒です。

長期熟成純米酒 古今
原料名 米・米麹
原料米 兵庫県産 酒造好適米 山田錦
精米歩合 60%
アルコール度数 18.5%
容量 720ml
カテゴリー: 商品説明 タグ: , , パーマリンク

長期熟成純米酒 古今 への1件のフィードバック

  1. 大澤葉子 のコメント:

    25年位前にそちらに行く事があり購入しました。開栓しないでそのまま
    (常温で)にしておりましたが、引っ越しをすることになり、こわごわ
    開けてみました。いい香りがするように思いましたが、本来の味を知りません。古酒の意味もわからず…、このままいただいていいものでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です